ステライト合金の特性が速すぎる

更新:03 Jan 2018
概要:

ブランクに含まれる有機バインダーは、焼結前に除去しなければならない。抽出プロセスは、ブランクの強度を低下させる […]

ブランクに含まれる有機バインダーは、焼結前に除去しなければならない。抽出プロセスは、ブランクの強度を低下させることなく接着剤が徐々に顆粒間の小さなチャネルに沿ってブランクの異なる部分から排出されることを保証しなければなりません。結合剤除去速度は一般に拡散方程式に従う。焼結は、多孔質の脱脂ビレットを収縮させ、特定の構造および特性を有する製品に緻密化することができる。焼結工程の前に、多くの場合、多くの要因に関連した製品の性能は、焼結プロセスは、組織や最終製品の冶金学的特性に非常にも決定的な影響を持っていますが。部品のサイズをより正確にするには、必要な後処理が必要です。この手順は、従来の金属製品の熱処理と同じです。より精密なCNC技術による第2のプロセス。

、溶接、ヘミング、コーナー、等、でいくつかの明白なギャップ内の数字は、磨き、ほこり、汚れ、ほこりに金橋ステンレス鋼の電極溶接、クリーン最外層を拭くために明らかに加えて、ワイピング部材が複雑クリーニング必要、スラグおよび他の不純物をワイプで除去するか、または容易に退色に至る。溶接されるステンレス鋼部材、ワイパーからの最大の問題、場所に隠されたステンレス鋼製の管の数と研削エージェント見ることができない、pHは、水、石、粉末、粉塵を溶解し、他のものは、PVXを除去するのが困難で。これらのことは真剣に異常な色やフェードを生じる、真空溶接の膜質に影響を与えるので、その後の真空ろう付け等級のステンレス鋼溶接の膜質に影響を与えないように、製造工程におけるステンレス鋼部品の製造工場は、部材を隠す隠さ上記のことを避けるべきであり、クリアすることができません。

ステライト合金の特性が速すぎる。最も基本的な合金の組成は、元と呼ばれる成分として知られている材料とは独立して存在することができる。ほとんどの場合、元素は合金を構成する元素である。しかし、化合物が検討範囲、いずれも分解することも、任意の化学反応であり、但し、化合物の成分が存在するであろう。成分の数は、例えば真鍮などの二元合金、三元合金またはマルチ合金に分けることができる2つの要素から成る銅と亜鉛の簡単な二元合金であり、硬質アルミニウムは、アルミニウム、銅、マグネシウム、三つの要素であります三元合金の組成。